砂時計とキーボード

自分で行いにくい残業代請求は法律相談事務所に相談することが可能

壁掛け時計

雇用条件や労働条件に不満があると、働く意欲が薄れてくることがあります。特に給与などの賃金に関する不満はやる気への影響が大きく、例えば残業代が正当に支払われていないような場合は大きな不満を抱くことになります。定時の時間を過ぎた分の賃金は残業代として支払われるべきものなので、もしそのような未払いの状態が継続しているのであれば、残業代請求できます。
会社に交渉するためには準備が必要で、未払い分の金額や残業時間などを証明できるものを揃えます。そして自分で交渉することになりますが、その準備がよく分からなかったり、交渉は気持ちの負担が大きかったりします。現在働いている会社であれば、さらに残業代請求はし難いことでしょう。そんなケースでは、法律事務所に相談して残業請求することが可能です。
必要になる書類などもしっかり教えてもらえ、それらを準備したら、その後の残業代請求の交渉を代わりに行ってくれます。法律事務所に依頼すると費用が掛かりますが、もし請求できる金額が大きければ相談する価値が充分にあります。退職後でも一定の期間内であれば残業代請求が可能ですから、その場合も必要に応じて法律事務所を利用して、働いた分の残業代を請求しましょう。

CONTENTS

残業代請求のタイミングは早めに

メモとペン

残業代は、会社が支払うのが義務です。しかし、支払わない会社も日本には多く存在します。未払いの残業代を請求するにも、時効が存在します。以前まで時効は2年に定められており、それよ…

more...

残業代請求で頭を抱えているときにやるべきこととは

考える男性

世間では残業というものが深刻な問題になっています。残業することで健康を害したり、精神的に大きなダメージを受けたり、また残業代の未払いなども現実に起きているのです。そうした残業…

more...

未払いの残業代請求をするためにはどうすればいいか

お金と働く人々

働いたにもかかわらずその報酬を貰えないということは、けっしてあってはならないことです。しかし、こうした未払いの残業代を会社に請求することができないという人も多いのではないでし…

more...

自分で行いにくい残業代請求は法律相談事務所に相談することが可能

壁掛け時計

雇用条件や労働条件に不満があると、働く意欲が薄れてくることがあります。特に給与などの賃金に関する不満はやる気への影響が大きく、例えば残業代が正当に支払われていないような場合は…

more...